企業情報

MISSION

生きている限り自立した生活を実現したい。

  • もし、一生、寝たきりになる心配がなくなったら。
    もし、誰でも一生働きつづけることができたら。
    もし、体を痛めるような重労働がなくなったら。
    もし、介護する人もされる人もいなくなったら。
  • 人の一生はもっと豊かになるはずです。
    そんな世界を創るため、私たちは
    人間を支援する技術を追求しています。

VISION

世の中の問題から開発をスタートする
「人のためのロボット」を創り、人を支える
何事も正面から取り組む

  • 「すべての人が、生きている限り自立した生活を送る世界を実現したい」――その思いではじまったのがイノフィスです。
  • イノフィスは技術先行ではなく、問題解決を目的とし、問題を抱えたユーザーの困りごと解消を果たす開発を行う大学発ベンチャーです。一般に、大学発ベンチャーというと、技術シーズありきだと捉えられることが多い中、ユニークな企業かもしれません。
  • 我々が特に注力しているのは、困っている人をロボットの力で支えることです。
  • 大変な重労働、大きなケガや病気の後のリハビリテーション、十分な整備の進まないバリアフリー、今は、あきらめざるを得ないことを、我々イノフィスはロボットの力で解決をしていきたいと真剣に思い、行動をしています。
  • ネットワークによって世界中の生活のあり方が変わりました。また、自動車の自動運転、AIによりスマートフォンで誰もがプロのような写真を撮影する……、そんなことが当然の世の中になることと思います。
    そして、自動運転やAIと同じように、人が装着型ロボットを身に着けて生活したり、働いたり、治療を受けたりすることが当たり前になる日が、近い将来実現すると考えています。
  • イノフィス(Innophys)の社名は、生活を支援するイノベーションを起こす、という意味の「Innovation for Physical Support」からきています。
  • 我々が目指すのは、夢のようなロボットではなく、「人のためのロボット」を創出することです。そうすることで、世の中をより良く、生活しやすいものにしていくという革新の実現に尽力、寄与してまいります。
  • また、イノベーションとは、前例のないことを実現させて初めて生まれます。つまり、イノフィスの取り組みは、常に誰も踏み入っていない未開の地を切り開いていくことになります。開拓者たるイノフィスには、逃げ道はありません。すべてを真正面から取り組み、道を切り開いていきます。

会社概要

会社名
株式会社イノフィス
所在地
〒162-0825 東京都新宿区神楽坂4-2-2 東京理科大学 森戸記念館3階
TEL 03-5225-1083 / FAX 03-3260-3400
設立
2013年12月27日
創業者
小林 宏(東京理科大学教授)
代表者
古川 尚史
資本金等
1,411百万円(資本準備金を含む)
主な事業
介護福祉機器の開発、設計、製造、販売
産業用特殊機器の開発、設計、製造、販売
機器開発技術シーズの発掘および事業化コンサルティング
機器開発技術シーズの知財取得・維持・管理
製品の認証取得・維持・管理

役員紹介

  • 代表取締役社長 古川 尚史
  • 代表取締役社長 古川 尚史

    1971年6月6日生まれ
    東京大学工学部学士、東京大学経済系修士課程修了。
    日本銀行、ボストンコンサルティンググループでの勤務後、不動産投資ベンチャー企業を創業。その後、経営共創基盤ディレクター、サンバイオ株式会社執行役員を経て、2017年12月、当社代表取締役に就任。2015年より、NECライティング株式会社の社外取締役も務める(現任)。

  • 取締役 小林 宏
  • 取締役 小林 宏

    1966年8月29日生まれ
    東京理科大学博士課程修了、博士(工学)。
    1996年、日本学術振興会海外特別研究員としてチューリッヒ大学に派遣されたのち、1998年、東京理科大学工学部第一部機械工学科で講師、1999年同助教授、2008年同教授(現在)。
    2013年に株式会社イノフィスを創業。

  • 取締役 菊池 功
  • 取締役 菊池 功

    1943年7月22日生まれ
    秋元光機(現秋元光機株式会社)入社後、1976年3月に株式会社菊池製作所を設立し、代表取締役社長に就任(現任)。
    KOREA KIKUCHI CO.LTD.、KIKUCHI (HONG KONG)LIMITED董事長、WALK-MATE LAB株式会社、TCC Media Lab株式会社の代表も務める(いずれも現任)。
    2013年より当社取締役。

  • 取締役 乙川 直隆
  • 取締役 乙川 直隆

    1974年8月13日生まれ
    システム技研株式会社入社後、独立行政法人科学技術振興機構へ出向。
    その後、株式会社環境セミコンダクターズを経て、2007年に株式会社菊池製作所入社。
    取締役 経営企画部長を務め 総務・経理・人事を担当。
    2015年より当社取締役。

  • 取締役 大重 信二
  • 取締役 大重 信二

    1964年7月4日生まれ
    日本生命保険相互会社ののち、株式会社ボストンコンサルティンググループに入社。その後、株式会社ドリームインキュベータの執行役員を経て、2012年に株式会社産業革新機構(現 株式会社INCJ)へ入社。同社マネージングディレクター(現任)。
    2015年より当社取締役。

  • 監査役 折田 紘幸
  • 監査役 折田 紘幸

    1982年7月19日生まれ
    新日本監査法人(現 新日本有限責任監査法人)入所後、2010年、公認会計士に登録。
    その後、2012年より公認会計士事務所に入所し、2015年には折田公認会計士事務所を立ち上げ、代表を務める(現任)。
    2018年より税理士法人ミットの代表社員に就任(現任)。
    2018年より当社監査役。

沿革

2001年
東京理科大学小林研究室で、人工筋肉を使用したウェアラブルロボット
「マッスルスーツ」の研究開発を開始
2013年
同研究室で、腰の補助に特化した「マッスルスーツ」の実用化に目途
株式会社イノフィス設立(資本金10.5百万円)
2014年
資本金等を20.5百万円に増資(10百万円を調達)
腰補助用マッスルスーツ販売開始(当初名称:標準モデル)
※2018年9月リモデルとともに「マッスルスーツ Power」に名称変更
2015年
資本金等を605.5百万円に増資(585百万円を調達)
腰補助用マッスルスーツ 軽補助モデル販売開始(現在は販売終了)
内閣府主催「第13回産学官連携功労者表彰」 日本経済団体連合会会長賞を受賞
2016年
腰補助用マッスルスーツ 初期スタンドアローンモデル販売開始(現在は販売終了)
2017年
腰補助用マッスルスーツ 現行スタンドアローンモデル販売開始
※2018年9月「マッスルスーツ」に名称変更
2018年
腰補助用「マッスルスーツ Edge」販売開始
腕腰補助用「マッスルアッパー」販売開始
米Red Herring社主催「2018 Red Herring 100 Global Winner」を受賞
東京都主催「2018年世界発信コンペティション」奨励賞を受賞
2019年
資本金等を1,411百万円に増資(806.4百万円を調達)

創業者の想い

夢のようなロボットではなく、
人のためのロボットに。

開発者/創業者 東京理科大学 小林宏 教授

開発を始めた頃は、人型ロボットの全盛期でした。人型ロボットは、二足歩行は可能でも、まだまだ人間のようにアイデンティティを持って自分で何かやれるわけではありません。本当に役に立つことは何かと考えた時、人間として一番嫌なこと、精神的に最も負担となることは、自分の力で動けず、人の世話になることではないかと思い、それを解決する装置を作れば、世の中の役に立てると考え、まず、「動けない人を動けるようにする」ための装置の開発を2001年から始めました。

通常の機械類と異なり、人間が装着して使うロボットは、仕様書通り作ることが完成ではありません。マッスルスーツは、現場の意見を取り入れて柔軟にトライ&エラーを繰り返し続けてきた結果であり、仕組みも形状もすべてがノウハウの賜物。真似できない技術が詰まった製品です。

今のところ「腰補助」に特化した製品が中心ですが、「生きている限り自立した生活を実現する」ための体の動きを補助する装置を、順次、スピーディーに製品化していきます。そして、「世界中の人に愛される製品」を作り上げていきます。

開発者/創業者 東京理科大学 小林教授

アクセス

所在地
東京都新宿区神楽坂4-2-2 東京理科大学 森戸記念館3階
最寄り駅
各線「飯田橋」駅
-JR総武線 西口
-東京メトロ 有楽町線 / 東西線 / 南北線 B3出口
都営大江戸線「牛込神楽坂」駅 A3出口
東京メトロ 東西線 「神楽坂」駅 1番出口